南米パラグアイの民族楽器アルパを弾き、語る Kayo。マルチに活躍する彼女の思いが覗けるページ。


by Kayo-arpa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
岡山県にある共和小学校は猿が出てくるような山奥にある学校。

全校生徒わずか15人。
とても優しくて温かい子ども達ばかり。

少人数ならではのイベントもたくさんある。
例えば、校長先生初め、学校の先生や生徒の誕生日を学校あげて祝う!とか♪
これって素敵じゃない?
誕生日の人の為に手作りのお菓子やカードを作ったり!
だからみんな仲良しこよし。みんなみんなお友達で、登校拒否は誰もいない。

そんな素敵な共和小学校は、来年閉校になる。
歴史ある学校だけど、自然に恵まれ、本来の教育が行われている学校だけど、、、
決定されてしまった事実。

そこで、先生は考えた!
何か記念に残ることをしよう! ってね!
結果、みんなの想いを乗せた歌を作る事になった。
歌詞は思い出に残ってるキーワードを入れながら、
周りの景色や行事を織り込んだ。
その曲作り、プロデュースに関わっているのが私の母、淳子ちゃんなのです。
我が 師匠の北野氏が作詞作曲しておりんすー

学芸会で初めて発表されるっていうことで、観に行くというから 私も!
学年ごとに演劇の出し物があって、そりゃぁ感動した!!!
本格的だし、みんな長いセリフをよく覚えてる!演技もしてる!!

そういえば、「学芸会」ってパラグアイにいた時した記憶がある。
幼稚園の時はアヒルの格好をして踊った!
森の妖精になってオレンジ色したキラキラのドレスも着た!すっごい張り切ったよ。
日本人学校ではキツネ役をしたなぁー。
全身、真っ黄色のすがたで手作りのしっぽとお面をつけて演技したんだっけ。
そして、全校生徒(34名ほど)で合奏や、合唱もした!!
あれってすごいほんわかした思い出。
日本に帰って来てから「学芸会」ってものはやってないもんねぇ。
生徒数が少ないからこそできる行事。あったかーい気持ちになる。

そんなことを思い出しながら、鑑賞してた。
心がじんわり熱くなってきたとき、15名が前に出て記念に作った曲を歌いだした。

感動。 一生懸命歌う姿は感動だった。

曲の最後はこういうフレーズで終わっている。
「みんな大好き 共和小学校」

来年3月に閉校式が予定されており、
そのとき、伸びやかでまっすぐな子ども達の歌声が響き渡る。
[PR]
# by Kayo-arpa | 2007-11-18 20:18 | Life

トキちゃんとお墓参り。

今回は12月に福山であるコンサートの打ち合わせと、岡山の小島の小学校での講演、
そして、共和小学校の学芸会に参加するため11/15-18西へと車を走らせたのです♪

中の17日は丸々1日なにも予定がなかったので、
岡山にいる私の祖母 トキちゃんと一緒に過ごした。
ちょうど18日が祖父の命日(父の誕生日でもある!)だったので、
お墓参りをすることに!!!

何年ぶりだろう?
山の上にあるお墓へ山道を歩いて参ったのは。。。?
裏に車が走れる道があるので、家族でいつもそこを通っていたためだ。

小さい時、よくトキちゃんと一緒に歩いた道。
随分歩いていないのに道順や風景は覚えているものだ。
あの頃は、「なんて遠いお墓なんだろう!」って思っていたのに、
今登ってみたら、小さな山だった。
「私ったら、大きくなったんだわー」とつくづく思ったりして(笑)

そう思ってふと横を見ると、隣にいるトキちゃんは私よりも小さかった。
かわいい、かわいいトキちゃん。

お米に、野菜に果物、そしてお花。
全部一人で育ててる。
山ほどある田んぼや畑の世話を毎日かかさず、愛情込めてしている。
そんなトキちゃんは愛しくてたまりません。

とてもいい天気で、暑かった!
お墓の掃除をしてたら汗が吹き出た。
落ち葉や風で飛んで来たものを掃いていたら、大きな何かがちょろちょろ動いた!!
「ひゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

トカゲ。

トカゲの親子が2匹お隠れ申してたのだ!!
びっくりして「おばーちゃん!トカゲ!!!!」って言ったら、
「あー!ご先祖様が喜んで出て来てくれたんやねぇ!表現してくれてるんやねー」
って、すごいはしゃぐの!
「かよちゃんが参ってくれたから、おじいちゃん喜んでる!」
って、 そう言ったトキちゃんの顔は優しい微笑みでいっぱいだった。

お墓参りの帰りに谷にあるトキチャンの柿の木を見に行った。
するとたくさんの実がおいしそうになっていた。
大きく育ったその木々は、私たち二人の背丈をゆうに越えてる。
でも、飛んだり跳ねたりしながら私は二つ。
トキちゃんは三つ、ズボンにぺんぺん草を沢山つけながら採った。

帰り道、「これはなに?」といろんな物を指差しては説明してもらった。
ゆっくりゆっくり歩いて帰った。
とても気持ちのいい、満たされた時間だった。




f0153141_2014472.jpgf0153141_20153133.jpg
f0153141_20161748.jpg

[PR]
# by Kayo-arpa | 2007-11-17 13:21 | Life
国際エンゼル協会 主催

こちらの協会はバングラデシュの女性自立支援や、
里親制度、現地にボランティアを派遣して井戸、トイレ作り等 様々な形で支援している。
私も高校二年の時の夏休みを利用して、
エンゼル協会の「ワークキャンプ」に参加した。
バングラデシュの小学校へトイレを作りに行ったのだ!!

現地は衛生面はもちろんだが、学校にちゃんとしたトイレが設置されてない場合が多い。
だから、お年頃になった女の子たちはそれが嫌で学校へ来なくなってしまうことも!
本当は勉強をしたいのに、行けないという現状。
それを少しでも解消できれば!と作りにいったのである。

学校内(決して広い学校ではない)の小さな広場に、
まず5メートルほどの穴を掘り、隣に小さなレンガ作りの用を足す建物を造る。
用を足したら、その5メートルの穴へと流れて行くっていう仕組み!
5年から7年は持つそうな。

10日間ほどのワークだったけど、
16歳の私はそこで本当にいろんな経験をした。
初めて生きてる鶏を捌いたし、初めて10日間毎日カレー味だったし(笑)
最高にキラキラ輝いた充実した日々だった。

だから、少しでも彼らの役に立てるのなら嬉しい!
そう思って声をかけてくれたらチャリティーに参加してる。

バングラデシュの刺繍で「ノクシカタ刺繍」というのがある。
シルクの糸で細かく丁寧に、動物や魚などを表現している。
全部に刺し子をしてあるのも特徴!
これは女性の仕事だ。だから、これを日本で購入することによって
彼女達の収入になるのだ。女性自立への支援♪
でも、それだけじゃなくて、本当にそれはかわいいの!!!

私ももういくつも持ってて、
小さな袋とか、化粧ポーチ、名刺入れもノクシカタ。
ちょっとした小物入れがかわいいんだわー!!

今回も新作を発見!
ボンボリがついたかわいい赤い袋があったんで早速購入!
さらに、前から目をつけていた四角い大きめの化粧ポーチ(白色)も購入♪

ハッピー!!ラブリー!!!!
楽しい嬉しいコンサートでした。

赤いボンボリ袋を持って、楽屋にて♪演奏前。
f0153141_22372490.jpg

[PR]
# by Kayo-arpa | 2007-11-10 22:21 | Arpa