南米パラグアイの民族楽器アルパを弾き、語る Kayo。マルチに活躍する彼女の思いが覗けるページ。


by Kayo-arpa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夜回り先生 水谷修先生の講演会

母校に水谷先生が来ると知ったのは夏だった。

一枚の招待状が届き、それに目を通したと同時に
「出席」という枠にに丸をつけ投函し、スケジュール帳に予定を書き足した。

この日が待ち遠しかった。

舞台へ出て来た水谷先生はテレビの特集で見る、あの水谷先生と同じだった。
目鼻立ちがはっきりとして、ハンサムな男性だ。

演題は「ドラッグ世代の君たちへ〜命の大切さ〜」

彼は休憩をとることなく2時間喋り続けた。
それも、実際に体験している壮絶な話ばかりだった。
中には耳を塞ぎたくなるような恐ろしい部分もあった。

淡々と話す。
だけど、まざまざとその情景が思い描かれた。

「夜の闇の世界」
麻薬(覚せい剤、シンナー、エクスタシー、MD、タバコ など)
妊娠、中絶、病気感染、HIV、
そして、「死」

今までなんとなくしか知らなかった「ドラッグ」の恐ろしさ、
これを正確な知識、情報で教えてくれた。

こんなに子どもの事を本気で守れる大人は 今 一体どのくらいいるのか?

自分の身体のことも考えさせられたけど、
将来自分に子どもができたとき、愛情を持って褒めて褒めて抱きしめることを
たくさん、たくさんするんだ!と思った。

とても貴重な水谷先生の講演は、大変興味深く、感動で切なかった。
来て下さってありがとうございます。

講演を聴いた人は、もう 水谷先生の生徒なんだとか!
それが、なんだか嬉しかったりして。
頼れる場所があるのって、温かい。

f0153141_23262084.jpg

[PR]
by Kayo-arpa | 2007-12-02 20:26 | Life